0歳〜1歳児のための「南柏子育てひろば」

子育て支援センターってどんなところ?

南柏幼稚園子育てひろばは、0歳、1歳児のお子さんが対象です。親子で一緒に遊んだり、お母さん同士で気さくにおしゃべりしながら、育児情報の交換など、楽しく過ごすことができるところです。
南柏子育てひろばは、親子で一緒に楽しく遊ぶ時間を大切に見守っています。

お母さん同士で気さくにおしゃべりをしながら、育児情報を交換したり、お互いのお子さん達の成長を喜び合う様子がみられます。毎日家庭で育児や家事に大忙しのお母さん!同じように子育て中のママとお話ししながら、頑張りすぎないよう、ゆったりとしたひとときを、楽しみませんか。

お部屋には安心、安全に利用していただけるように、手作りのやさしいおもちゃや、絵本、良質の木のおもちゃをそろえています。

ご利用案内

ひろばでは安心子育てを支援しています!
参加される方はご予約が必要です。ひろばテレフォンまでお電話ください。
対象 0歳児〜1歳児のお子様と保護者(6組)
☆1歳児(R2年4.2~R3年.4.1生)
☆0歳児(R3年4.2生以降の子)
※1歳児のお子様は、お誕生日を迎えて2歳になっても令和5年3月まで参加できます。
費用 あそびのフロアー・個別相談とも無料
時間 午前10:00〜11:30
場所 南柏子育てひろば 柏市今谷上町19 南柏幼稚園内(園庭隣接の緑の屋根の平屋)
連絡先 ひろばテレフォン:080-4192-5811(月・火・木・金の9:00~13:00) 参加希望の方は電話で予約をしてください。
(お知らせ)今年度は水曜日と金曜日にあそびのフロアーを行います。コロナウイルス感染拡大防止の為、今後予定を変更する場合がありますのでご了承ください。

月間予定

7月 1日(金) 6日(水) 13日(水) 15日(金) 20日(水) 21日(木)
あそびのフロアー
10:00〜11:30
個別相談日 要予約(無料) 10:00〜
8月 18日(木) 24日(水) 26日(金)
個別相談日 要予約(無料) 10:00〜 あそびのフロアー
10:00〜11:30
9月 2日(金) 7日(水) 9日(金) 14日(水) 15日(木) 16日(金) 21日(水) 30日(金)
あそびのフロアー
10:00〜11:30
個別相談日 要予約(無料) 10:00〜 あそびのフロアー
10:00〜11:30

ページTOPへ

子育て相談(個別相談)のご案内

ひとりで悩まないでお話してみませんか?話すだけでも心が楽になることもあります。今年度も言語聴覚士の先生が担当しますので、お子さんの言葉の発達が気になる方には特におすすめです。お気軽にご相談ください。

ページTOPへ

おすすめの絵本

【のせて のせて】


「ストップ!」「のせてのせて」のくり返しが楽しく、まこちゃんと一緒に車にのっていくような、心地いいスピード感が味わえます。

♪わらべうた♪

【オフネガ】

オフネガギッチラコ
ギッチラコ ギッチラコ
センゾウヤ マンゾウゾ!

舟こぎのあそびです。
お母さんのひざに抱いて、座って背中を支え、舟こぎのように軽く上下に倒れます。

ページTOPへ

脳を育てる「口育て」

「よく噛むと頭がよくなる」と言われます。実際、よく噛んで口の機能を育てることは、脳を含む全身の発達と深い関係があります。「食のはじまり」に注目し、その基礎となるからだづくりについて考えましょう。

家族が食べているところを積極的に見せてあげましょう。誰かが食べているのを見た記憶、実際に食べた記憶…脳での記憶と結びつけて、人は何を、どう食べるか自分で選べるように、また、「食べる」ときには、目、耳、口、舌、手など、さまざまな感覚器官が同時に働いています。
口の育ちには全身の動きの発達が必要で、そのことが噛むことや口への興味につながります。おもちゃをなめたりかじったりしてあそぶことで、「食べる」「噛む」ことにつながる口の機能を高めて、ものの特性を感じとる力を養えるようになります。

噛むときには誤飲の心配のないサイズの、さまざまの形状・材質のおもちゃを口にしてみましょう。「食べる」につながる口の動きとして、顔遊びなどもたくさん見せてあげましょう。(例:唇を震わせ音を出す。大きく口を開けたり、唇を前に突き出したりなど…)

ページTOPへ

ウイルス対策

新型コロナウイルス感染症も少しずつ減少傾向にはありますが、まだまだ安心はできませんね。特に赤ちゃんは玩具を舐めたり、指をしゃぶったり、気になることも多いです。
これからの時期、胃腸炎やインフルエンザなども気を付けなくてはならないですね。まずは大人がウイルスを持ち込まないよう気を付けましょう。
外から帰ったら手洗い・うがい・消毒を!肌の弱い赤ちゃんに消毒はちょっと心配という場合は石けんを使って念入りに手洗いをしましょう。部屋の換気や湿度にも気を配り、家庭内での感染を防ぎましょう。

ページTOPへ

思わぬケガに注意をしましょう

今回は乳児に多い転倒、転落時のケガの対応について。子どもの事故はいつ何が起こるかわかりません。
0歳児では異物誤飲と転落。1歳児では転倒、転落、衝突の順で多く起きています。

【こんな時はすぐに病院へ】
*頭を強く打ち意識がなかったり、痙攣をおこしている。
*吐く、機嫌が悪い、動かない、顔色が悪いなどの症状がある。
*ひどく腫れて骨折の疑いがある。
*2、3日後に吐く、様子がおかしい。
*傷口が大きい。深いなど。
*手足がまひしている。
*その他いつもと様子が違うなど判断に迷う時はすぐに病院にいきましょう。

【予防・防止】
*子どもを抱っこしている時は足元に気をつけましょう。
*寝返りがまだでも、テーブルやソファー洗濯機などの高い所に短時間であっても寝かせない。
*家の階段の上下に転落防止の柵を設置する。
*踏み台になる物を置かないなど、普段から転倒転落に気をつけて過ごしましょう。

ページTOPへ

スタッフ紹介

<あそびのフロアー> 尾組 久美子

今年度もひろばを担当させていただくことになりました。昨年度はコロナ禍において、なかなか安心して遊ばせる場所がないという声を耳にしました。ひろばではお母さんたちが家事から離れてほっとひと息、我が子と共に過ごす時間を提供していきたいと思っています。そして子どもたちは毎日、様々なことを経験し、新しいことを獲得していきます。我が子と一緒にあそぶ中で「こんなことにも興味があるんだぁ…」など、再発見したりともに成長・発達を見ていくことができたらと思っています。 皆さんとの出会いを大切にし、笑顔があふれる心地良い場でありたいと願っています。

<個別相談> 清水 幸代

コロナ感染症が蔓延して2年になります。
今まで経験したことのない状況下での子育てで不安も多いと思います。大人も子どももがまんする場面もある中でいかに自分たちらしく生活していくかを考えなければいけません。
ひとりひとり方法は違うと思いますが、思いをことばに出すことですっきりする場合もあります。
「だれかに話したい」と思ったら思い出してください。
今年度も月に1回は子育て相談日がありますので、ぜひおしゃべりをしにいらっしゃいませんか?お母さんの心と体がいつも健康でありますように。「母は子どもの伴走者」です。

ページTOPへ

おねがい

  • 保育室に入室する前に感染予防のため親子で手洗いを済ませてください。
  • 大人の方はマスクを着用してください。
  • あそびのフロアーには、いろいろな人が遊びに来ます。お互いが気持ちよく過ごすためにも必ず自分のお子さんを見守りましょう。
  • 汚れたおむつは、各自持ち帰りましょう。
  • 車での来園にはご予約が必要です。
0sairoom201407_1

ページTOPへ